■目的と位置付け

行動分析は、実施に先立ち、まず目標を明確にする必要があります。
データは分析した上で、商品やサービスに繋ぐ必要があるからです。生活価値観や流通及びサービスを「情報」と位置付けた上で、その価値を判断する必要があります。「情報」の価値は「信頼性」で判断するしかないからです。その情報がどのような方法で作り出された物なのかを突き止め、判断する必要があるのです。その一方で、行動分析は 個々の生活スタイルなどの様々な情報を提供してもらう事で、世の中の傾向や動向などを抽出する事もでき、ケースによっては、消費者の目による調査など、攻めと受けのスタイルを柔軟に組み合わせる事が狙いになります。
■ポイント

近年、情報化は、ますます加速しています。企業における戦略的政策決定は、情報化が進むにつれて、ますます難しくなっています、企業は情報量だけではなく、信頼性やその活用の在り方に目を向けなければならなくなりました。行動分析によって回収されるデータは、信頼性が肝であり、その優位性が競合他社との差別化に繋がります。マーケティング戦略の優位性は、企業の予想能力によって決定される事になります。
■対象

行動分析に求められる対象は、まず貴社のターゲット層である事、次に提供されるデータに信頼性が持てる事です。※データリンクでは、行動分析において精度の高いデータ解析をお引き受け致しております。
■調査方法

調査は「調査員」のデータ提出が前提とされる為、コンセプトをよく理解して貰う必要があります。次に「調査員」に対し、貴社のオペレーションマニュアルに沿ったスクリーニングを実施致し、了承確認後、期間を設定し、行動分析を実施致します。その上でデータの回収を行います。
■調査の流れ

行動分析したい店舗及びサービスを決定します。

「調査員」に行動分析の告知を行います。

「調査員」に対するスクリーニングを実施致します。

期間を設定し行動分析を実施致します。

データ回収を実施致します。
マーケティング・リサーチトップ
  トップ
サイトマップ
お問合せ
アンケート 企画提供 サンプル・テスター データ収集 口コミ宣伝 企画応募 インタビュー 行動分析