■目的

データ収集は、既存の顧客が何を望んでいるかを調査して、それに応えていくことで離反を防止することを主としています。新規の顧客を獲得することも大切ですが、既存の顧客のニーズを常に把握し続けることも重要です。その為には、定期的なサービスの見直しや商品の改善が必要になります。
■利点

データ収集に求められる環境は、広範囲に渡る、エンドユーザーの動向を的確に把握し、敏速にデータを回収する事にあります。サンプルとは違い、使用期間も長い為、不満要素や耐久性などサンプルでは回収できない要素も多数、回収する事が可能です。また、離反したユーザーからの意見等を回収する事は、とても有効であり、これらのデータに耳を傾ける事が離反防止に繋がります。
■対象

データ収集の対象は、既存の顧客をベースに考える必要があります。既存の顧客のニーズを把握する事が、出発点です。その為には、まず、マーケットインを顧客に示す事が重要です。
消費者も希望するものを製品化して販売してくれるのであれば、積極的に参加してくれます。
■調査方法

調査は、既存の顧客を対象に行う事が前提とされる為、まずコンセプトをよく理解する事が不可欠です。その上で「名称」「機能」「使用方法」「使い易さ及び欠点」「改善点」「価格」「色」「サポート体制」「使用期間」等をベースに調査対象を十分にスクリーニングした上で、調査了承確認を行い、データの回収を実施します。
■調査の流れ

データ回収する商品及びサービスを決定します。

浮き彫りになっている問題点を把握します。

顧客に対して、コンセプトの理解及び調査の告知を行います。

「顧客」のスクリーニングを行い調査を実施します。

データの回収を行います。
マーケティング・リサーチトップ
  トップ
サイトマップ
お問合せ
アンケート 企画提供 サンプル・テスター データ収集 口コミ宣伝 企画応募 インタビュー 行動分析