■目的

インタビューの目的は、どのような対象者に、何をインタビューし、何を明らかにするかを、明確にする必要があります。近年、定性情報が重要視されています。その為、インタビューにおいてもグループ・インタビューが注目されています。しかし、「安い、早い、一応の結論が得られる」と言った、安易な考えで実施されるケースも多く、座談会で終わる場合もあるのです。インタビューは、個々の思想や考えのプロセスの発見を、目的にする必要があります。
目的=ゴールに、ある程度の道筋を示す事が鍵となります。

■対象

インタビューの対象は、どのようなニーズを持った人々に、どのように応じ、その場合はどのようなイメージが適しているかを明確にする必要があります。よって、事前に大量のデータから類似性をスクリーニングするコラボラティブ・フィルタリングをする必要があります。
■調査方法

調査は大きく分けて二つの方法があります。

パーソナル・インタビュー
  • パーソナル・インタビューの調査は、まず個々にコンセプトを十分に理解してもらい、その上で方向性を定め、個人の個性が損なわれないように実施します。
グループ・インタビュー
  • グループ・インタビューの調査は、仮説的に決められているブラインド・ポジショニングを抽出する必要があります。その為にはデモレーター(進行役)に十分配慮する必要があります。問題点を多角的に検証する為には、それぞれの事項の相互関係を明確にする事が大切になりますので、その点を十分に考慮し実施します。
■調査の流れ

インタビューする企画/サービス/商品を決定します。

インタビュー・コンセプトの告知を行います。

スクリーニングを実施致します。

期間を設定しインタビューを実施します。

データの回収を行います。
マーケティング・リサーチトップ
  トップ
サイトマップ
お問合せ
アンケート 企画提供 サンプル・テスター データ収集 口コミ宣伝 企画応募 インタビュー 行動分析