■目的

サンプルテスターは、貴社の販売・生産計画に基いて、市場へ製品やサービスを投入するプロセスを予め、試す事を主としています。本格的な「プロダクト・アウト」に移行する為に必要な工程であり消費者のニーズを把握し、過剰在庫や販売機会の喪失を生じる事がないようにする事が目的です。
■ポイント

サンプルテスターは、Web上で行われているサービスや場所を選ばない物であれば問題ありませんが、商品など実際に手にとって見なくては判らない物は、Webだけで、すべてを行う事はできません。
しかし、データを回収する手段としては、これ以上の物はありません。
予めサンプルとして配布しなければデータを回収できないケースの場合は、「消費者」に事前に告知することが重要です。
■対象

サンプルテスターの対象は、まず、そのサンプルに興味がある人に対して行う必要があります。
サンプルは「新製品」や「サービス」を世の中に広く浸透させる手段として、無差別に配る方法もありますが、その商品やサービスについての的確な傾向や意見を掴む為のサンプルでは、かえって逆効果になってしまいます。その場合は、興味を持った「消費者」から的確なスクリーニングを実施した上で、サンプルテスターの選出をすることが重要です。
■調査方法

新商品」や「サービス」の開始日に合わせ、適切な調査を実施致します。調査は応募してきた消費者に、オプトインメールで告知をする事から行います。次に了承確認後、サンプルを発送します。試用期間終了後、Web上のフォームよりデータの回収をします。

※「オプトインメール」とは受け取りを承諾しているメールの事を言います。
■調査の流れ

テストしたい商品及びサービスを決定します。

「消費者」「顧客」にサンプルの告知を行います。

「応募者」のスクリーニングを実施します。

サンプル試用を実施します。

データ回収を行います。
マーケティング・リサーチトップ
  トップ
サイトマップ
お問合せ
アンケート 企画提供 サンプル・テスター データ収集 口コミ宣伝 企画応募 インタビュー 行動分析