「MSP」を利用する事で、従業員のモチベーションが向上され、さらに心のこもったサービスが実践されます!言い換えれば従業員の意思で、欠点が効率的に改善され、顧客が「また来たい!」という店舗が、実現します!

 「MSP」を利用し「直接業務」を、さらに効果的に行えます!営業プロセスに着目し、営業の効果を高め、売上アップ等の直接的なメリットを獲得します。言い換えれば、従業員が「MSP」をツールとして活用することで、営業実績を伸ばしていく事を直接支援していきます。
「単なる効率化や品質管理に終わらず、店舗を利用した顧客に対して
インパクトのある、心のこもった接客集団を目指します。 」
「MSP」実施の目的を明確にし、目標を全社(全店)で共有する。調査内容が、各社(各店舗)に確実にフィードバックされる方法を確立する。さらに、「MSP」をサイクルに乗せ、運用する。
顧客満足度調査「CSP」と相互補完的に「MSP」を実施する事で、「CSP」で浮き彫りになった問題点を、「MSP」の評価項目に取り入れ、効果的に品質管理を高める。
「MSP」の事例及び結果を可能な限り、全社(全店)で公開する。「MSP」が、従業員のモチベーションの向上の為に実施される事を、従業員に認識してもらう。「懲罰」の為の「MSP」は、実施されてはならない。
単に「単純な効率化や品質管理の強化という目的だけでは、MSPの
真のメリットは得られません。」下記のような着実な2つのステップが必要です。
「MSP」を実施する事を従業員に告知し、社内全体のモチベーションを高めます。事前に浮き彫りになっている課題を、「MSP」に効果的に取り込み、サイクルに乗せて運用します。但し、「懲罰」を前提とする、犯人探し」の為の「MSP」は、実施すべきではありません。
「CSP」を「MSP」と連動し、問題点を効果的に取り込み、品質管理の質をさらに高めます。

小規模スタートを実施し、実施検証しながら徐々に規模を発展させます。
「改善点の活用方法を、貴社でご検討されることから、
このサイクルはスタート致します。」
 近年、ネット通販に伴う電子商取引が浸透する中で、実際の現場におけるサービスの品質の重要性は益々高まっています。ミステリーショッパーは本部や経営層が把握しきれていない顧客接点を調査する事で、企業の顧客接点の品質評価を行う事を主な目的としています。
顧客満足度調査とミステリーショッパーの違い?
 顧客満足度調査とは、企業に対する顧客の評価を意味します。顧客の意思や満足度が全てであり、様々な要因の中から不満足な要因を発見し、改善する事で、継続的な顧客関係を築く事を目的としています。一方、ミステリー・ショッパーは、顧客が企業側の意思を理解した上でサービスに対する品質チェックをする事を目的としています。企業と顧客の接点であるサービスや商品を購買する現場で、企業側の意思を理解した顧客が調査するミステリー・ショッパーは、企業と顧客の中間のボジションである為、得られるデータが大きく異なります。
調査方法・内容等、詳細についてはこちら
  トップ
サイトマップ
お問合せ